どんな状態の車でも引き取ってもらえるから

交通事故

車の事故は誰でも起こしたくはないのですが、突然の道路状況の変化やエンジンや駆動系統に故障が起きれば避けられない場合もあるのです。事故の影響で車体の一部が凹む程度であれば継続使用が可能ですが、あまりにもひどい状態であれば安全性を考えて運用を控えるべきです。しかし運用を控えたとしても、注意してほしいのが使わない状態になっても所有者には税金の納付義務やあることです。使わないまま保持していると、継続して重量税などの税金を支払わないといけないので大きな損になります。しかし事故によって動かなくなった車を、普通のディーラーに運んでも引き取ってもらえない場合があります。なぜなら事故車であっても軽い損傷であれば設備取り換えで済むのですぐに転売が可能になりますが、損傷がひどく部品取り替える量が多いと費用が多くなってしまうためです。そんな時には事故車引き取りを専門にしている業者に委託するとよいです。動かなくなった車であっても引き取ってもらえるのは、車の中にはレアアースなどの希少金属や特殊な技術を用いて作った部品などがあるため車以外の産業にとっても需要があるからです。さらに動かなくなった車であっても、こういった業者では無料でレッカー車を手配してもらえるので運搬も手軽というのがメリットです。そのため動かなくなったからとあきらめずに、しっかりと業者を選択すれば引き取ってもらえる場所はあります。

必要種類を準備しよう

トラックの模型

事故車引き取りの申し込み方法をする前に、必ず必要書類を準備してほしいです。必要種類の種類としては車検の際に必要になる自動車検査証証と印鑑証明書が必要になるので陸運局へ問い合わせます。次に重要になるのは、税務局に連絡をして解体に伴う重量税還付申請用委任状を発行してもらいます。それ以外では自動車登録専用委任状と免許証等の身分証明書もしくはマイナンバーカードのコピーも用意することになります。これらを事前に準備しておくことで作業がスムーズに運びます。

業者への申し込み方法

車の鍵

事故車引き取りの申し込み方法としては、直接お店に出向くか時間がない時には電話やネット予約で申し込みを行います。その際に必要書類の準備をして、それを引き取り業者に直接渡すか郵送することで契約が成立します。その後事故車が動く場合はお店に運搬してもらい、動けない場合には無料でレッカー車を手配してくれます。最後に必要書類の確認をしてもらったのちに、廃車手続きを行って一時抹消登録証明書と使用済自動車引取証明書のコピーの郵送と税金の還付申請の説明を受けて完了という流れになります。

広告募集中